姫路城観光は赤ちゃん連れでも行けるの?おすすめの撮影スポットは?

34812c9cca60b75a380d0c300191dad3_s
大修理が終わり、白いと評判の世界遺産、姫路城。
姫路観光に来たならぜひ行ってみたい場所ですよね。
美しい大天守が人気の姫路城は、赤ちゃん連れでも楽しめるのでしょうか?
それでは、ベビーカーで観光する時の姫路城の楽しみ方をご紹介します♪

スポンサードリンク

姫路城観光は赤ちゃん連れでも行けるの?

小さい子供連れとの姫路城は楽しめるのか気になりますよね。
子供と一緒ならベビーカーで行きたいところですが、残念ながら姫路城の有料ゾーンはベビーカー禁止なんです。
入城口にベビーカー置き場があり、そこにベビーカーを置いて見学しなくてはいけません。
入城してから、砂利、段差がありバリアフリーになっていないので、禁止というよりは、
ベビーカーや車いすでの移動が難しいんです。
よって、乳児や、まだよちよち歩きの子を連れての入城はおすすめできません。
広い敷地内をずっと抱っこは、かなり骨が折れると思います。
とくに大天守の中は、急な階段があるので、小さな子を連れて登るのは少し危険です。
城内に入るのなら、小学生くらいからがよさそうです。
小さい子供と姫路城は楽しめないの?って思いますよね。
大手門からすぐ、三の丸広場に隣接した所には「姫路市立動物園」があります。
姫路城の敷地内にあると言ってもよい動物園からは、もちろん姫路城を眺めることができます。
動物を見られるだけでなく、遊園地のスペースには乗り物も(別料金)楽しめます。
ミニ観覧車に乗って、大天守を見るのもおすすめですよ。
なんと、この動物園の入園料は、大人200円、5歳から中学生は30円と格安です。
5歳未満は無料で入れるので、子連れで姫路城に来たらぜひ行ってみましょう。

スポンサードリンク

姫路城の撮影スポットは?

「三の丸広場」です。
三の丸広場は姫路城をバックに記念写真が撮れる絶好のスポットになっています。
角度によって、天守閣の見え方も違うので、色々な方向から写真を撮ってみましょう!
大手門を入ってすぐの広い芝の広場が、「三の丸広場」です。春は桜が咲いて、お花見のスポットにもなっています。
姫路城に到着するまでの移動で疲れた子供たちが、羽をのばして走り回れる広々としたスペースになっていますよ。
芝があるので、まだよちよち歩きの子でも安心して歩けます。
姫路市立動物園にも顔だしパネルが多いので、面白い写真もたくさん撮れると思います。

姫路城と好古園との共通券はある?

姫路城西屋敷跡庭園「好古園」では、趣のある日本庭園が楽しめます。
池泉回遊式の庭園には、美しい錦鯉が池に放たれているので、小さい子供でもでも楽しめそうです。
車いすでも見学できる庭園内は、もちろんベビーカーでの散策も大丈夫!
砂利道、石橋なども気をつけて通れば問題ありません。
多目的トイレもあるので、おむつ替えにも困らなさそうです。
入園料は大人300円、小中高生150円です。
うれしいことに、姫路城と好古園の入場券を別々に買うと姫路城が1000円、好古園300円ですが、
共通入場券なら1040円で買えるんです。
両方入るなら絶対お得ですよね。
9つに分かれた味わい深い名園で、癒しのひとときを過ごしましょう。

まとめ

ベビーカーでの散策が難しい姫路城でも、周りに目をむければ、子連れでも十分楽しめる場所があるのです。
この他にも、車で移動すれば姫路セントラルパークや姫路市立水族館など子供が好きそうなスポットも!
お子さんの年齢に合わせて、素敵な姫路観光を楽しんでくださいね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です