ふくらはぎが太くなる原因は?筋肉を細くする方法や歩き方は?

115610
ふくらはぎが太いとふくらはぎを隠すような服ばかり選んでしまって、
おしゃれも楽しめないんですよね。

太くてパンパンなふくらはぎが細くなればなぁ・・・と
鏡で自分の姿を写す度に思ってため息。

太いふくらはぎは大きな悩みの1つ。
細くできることなら細くしたいですよね。

ふくらはぎが太くなる原因を知って、
細くてきれいなふくらはぎを手に入れるための手助けができたらなぁと思います。

今回は、

・ふくらはぎが太くなる原因は?
・ふくらはぎの筋肉を細くする方法は?
・ふくらはぎが太くならない歩き方は?

を紹介していきます。

スポンサードリンク

ふくらはぎが太くなる原因は?

太くなる原因は大きくあげて3つあります。

①筋肉不足で脂肪が多いふくらはぎ

座った状態でふくらはぎをつまんで立ち上がります。手の中に残っているお肉が脂肪で
多ければ多いほど脂肪がたくさんついていることになります。

カロリーのとりすぎやカロリーの消費不足が原因です。
子供の時から太っていた人や運動嫌いの人に多くみられます。

②筋肉と脂肪が重なり合っているふくらはぎ

触るとカチカチで、昔に激しい運動をしていた人に多く見られます。
運動をしていない人でも姿勢や歩き方によって変に負荷がかかり、
筋肉が発達した可能性もあります。

脂肪が固くなっているので血流も悪く一番痩せにくいといわれています。

③むくみ太りのふくらはぎ

ふくらはぎを指で30秒ほど押してみてください。
指の跡が残ってなかなか戻ってこない状態がむくみ太りです。

長時間たちっぱなしや塩分の摂りすぎ、寝不足や筋肉不足などが原因で
余分な水分や老廃物が溜まってしまう状態です。

まずは自分がどのタイプかをチェックしてみてください。
原因のタイプ別によって細くする方法も違ってきます。

ふくらはぎの筋肉を細くする方法は?

では、ふくらはぎの太くなった原因のタイプ別に細くする方法を紹介していきます。

①筋肉不足で脂肪が多いふくらはぎタイプ

ふくらはぎは脂肪が多いのでダイエットをすれば自然にふくらはぎも細くなってきます。
まずは、食事内容を見直してみてください。

って言ってもよくわからないですよね。

簡単にいうと、単品メニュー(カレーや丼など)や揚げ物はなるべく控えて、一汁三菜を心がけてみてください。
料理も作らないし色々考えるのも面倒だな・・・という人は、
腹8分目と一口を30回噛むということを意識してみてください。

食べすぎないことで徐々に結果がでてくると思います。
そしてかかとの上げ下げ運動などでほどよく筋肉をつけると、たるみが引き締まってきれいな足になりますよ。

→簡単な「つま先立ち運動」

つま先立ちをして、お腹とお尻に力を入れてそのまま5秒間キープ、
おろして5秒休憩を10回繰り返す

このときに外側に力を入れると外側の筋肉が鍛えられてしまうので気をつけてくださいね。

②筋肉と脂肪が重なり合っているふくらはぎ

筋肉の上に脂肪が乗っかってカチカチに固まっている状態です。
まずは、そのカチカチのお肉を揉みほぐして血行をよくしてあげましょう。

血行を良くするのはリンパマッサージがいいですよ。
⇒簡単なリンパマッサージの仕方はコチラ

スポンサードリンク

もみほぐすときは力を入れすぎず「気持ちいい程度の力」でやってくださいね。
テニスボールや美容ローラーを使ってもできるので自分に合った方法を探してみてください。

脂肪がやわらかくなったら次は運動で筋肉をつけます。
筋肉をつけると心臓から一番遠くて滞りやすい血液や老廃物などを流してくれる手助けをしてくれます。

運動でも、気をつけなければいけないことがあるんです。
それは速筋ではなく遅筋を鍛えることです。

速筋とは瞬間的に大きな力を出せる筋肉のことです。
ダッシュやウエイトリフティングなどのトレーニングをすると速筋が鍛えられて
筋肉が太くなっていってしまいます。

その点遅筋は、大きな力は発揮できないですが、長い時間の運動には大活躍です。
遅筋はいくら鍛えても太くはなりませんのでしっかり鍛えてくださいね。
遅筋を鍛えるためには激しくない水泳や踏み台昇降などの有酸素運動を20~30分毎日つづけることがミソです。

③むくみ太りのふくらはぎ

むくみ太りの足の場合は塩分を控えて毎日のマッサージやツボ押しなどできちんと対処すると
比較的早く改善するので毎日のケアをしてみてください。

また、ダイエットを意識するよりも、生活習慣を少し変えてみることをおすすめします。

こちらでむくみを改善する方法を紹介してます!
⇒足のむくみがひどくなるのはなぜ?放置するといけないの?改善法は??

ふくらはぎが太くならない歩き方は?

正しくない歩き方で筋肉に負担がかかると変に筋肉が発達したり、むくみやすくなったり、
太ももが張り出してきたりときれいとは程遠い脚になってしまいます。

ふくらはぎ02

では良くない歩き方をいくつか紹介していきます。

・砂を後ろに蹴るように歩き、つま先だけで着地してしまう歩き方・足の裏全体で歩いてしまう歩き方

・足を引きずって歩く歩き方

・膝やつま先が内に入ってしまう(内股)歩き方

・足の指が地面に着かないまま(浮き指の状態)の歩き方

などです。

正しくない歩き方だけど自分にとっては楽な歩き方なんですよね。
引きずってしまう歩き方なんかは特に疲れたときとかによくなってます。

ですがこういった毎日の癖が太いふくらはぎを作ってしまうんです。

では、太くならない歩き方はというと・・・

つま先で地面を蹴ってかかとで着地」です。

重心をおへその下に置くことを意識して膝と足の向きは正面に向けるようにして歩くと
自然に姿勢も伸びきれいに正しく歩くことができます。

かかとからつま先へと重心を移動して歩く習慣を身につけられれば土踏まずのアーチもしっかりでき、
ふくらはぎは太くなりにくく、歩き姿もきれいです。

正しく歩くだけで良いことがたくさんですね。
毎日の「歩き方」意識してみてください。

まとめ

ふくらはぎは「すぐ」には細くなりませんが、
ケアを続けることが大切です。

自分のふくらはぎの状態を知って正しい習慣を目指しましょう!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です