しみそばかすの原因は?馬油の効果は?予防するには?

459bc73d05522456c1b9838896edd7e8_s
ふっと鏡をみてびっくり!こんなしみそばかす多かったっけ!!??なんかショック。
あるのは知ってたけどこんなひどかったの!?
何で急にこんな増えたのか気になるし。1日でもはやく消したいけどしみそばかすだけで病院にいくのもなぁ・・・。
ドラッグストアでしみに効くという薬もたくさんあるけど何を使ったらいいかわからないし。
ということで今回は、
・しみそばかすの原因は?
・しみそばかすに馬油の効果は?
・しみそばかすを予防するには?
をお話ししていきたいと思います。

スポンサードリンク

しみ そばかすの原因は?

実はしみにはいろんな種類があるんです。

・肝班
・老人性色素班
・太田母斑
・雀卵斑(じゃくらんはん)
・脂漏性角化症
・炎症性色素沈着
・摩擦黒皮症(まさつこくひしょう)
・光線性花弁状色素斑

などです。こんなにもしみに種類があったなんてびっくりですよね。

<肝班>
色は薄茶色や黒ずんだ茶色
主に頬骨から目じりに左右対称にできる
妊娠中や更年期障害など女性ホルモンの乱れの影響が関係する
30~40代に多い

<老人性色素班>
色は薄茶色
輪郭がはっきりしていてまるっぽい
今まで浴びてきた紫外線、日焼けの影響でできる

<太田母斑>
色は青や青紫で黒ずんだ茶色が混じっている
あざのようにみえ、小さな点が集まっていて、目のまわり、頬やおでこ、こめかみや鼻、耳などにできる
多くは思春期にでき成長とともに大きくなったり濃くなったりする

<雀卵斑>(じゃくらんはん)
色は薄茶色でよくいう「そばかす」のことをいう
直径5mmふぞろいなものが、まぶた鼻の上などの太陽によくあたる部分にたくさんできるが広い範囲にある
遺伝でできる可能性が高く30歳以降になるとだんだんと消えていく
紫外線で悪化する

<脂漏性角化症>(しろうせいかっかしょう)
色は皮膚のような色のものから灰色っぽい茶色、黒いものまである
顔や頭、首、胸元、背中、手の甲など太陽にあたりやすいところによくできる
皮膚の老化現象で良性腫瘍、1mmから2cmぐらいで平らなものから盛り上がったものまであり年をとるごとに増える

<炎症性色素沈着>
色は茶色から黒ずんだ茶色
形は炎症の度合いによってでかわる
皮膚が弱かったりアトピー性皮膚炎を持ってる人にできやすく、にきびや肌荒れが原因で色素沈着がおこる

<摩擦黒皮症>(まさつこくひしょう)
色は黒ずんだこげ茶色
女性ホルモンの影響で色素沈着が強く、30歳代に多い
皮膚の奥深くに入り込んでいてナイロンタオルやボディブラシなどで強い摩擦を繰り返すことででき、強い力がかかりやすい鎖骨や肩甲骨の上が多い

スポンサードリンク

<光線性花弁状色素斑>(こうせんせいかべんじょうしきそはん)
色は茶色
海水浴などで長時間日光をあびて炎症をおこした肌にできやすい
両肩から背中の上部にこんぺい糖のような形をしたもので20代から30代の若い世代に多い
色白で日焼けをすると赤くなるタイプの人に多く1~3ヶ月ほど経ってから発生し、何度も日焼けを繰り返すとできる

遺伝でできるものだったり、紫外線対策をしなかったことでできるもの、強くこすることで起きるものなど原因を知っておくだけで意識して気をつけることができますね。
私は老人性色素班が多い気がしますがこれが原因!とははっきりしないですね。原因を特定するのは難しいです。

しみそばかすに馬油の効果は?

馬油がしみに効くといわれている理由は、人の皮脂と成分がにているため肌なじみがとてもよく、肌に潤いを与えてくれるといわれていることからです。
また皮脂には細菌を入りにくくするバリア機能があるのですが馬油によってバリア機能がより高まるんですね。
そして血行を促進してくれる効果もあるそうで新陳代謝もよくなると言われています。
気になる部分に馬油をぬってマッサージすると肌のターンオーバーも早くなり、しみを薄くしてくれる効果が期待できるかもしれないんです。
使い方は、
①こすらず泡で洗顔する
②顔全体に薄く馬油をぬる
③蒸しタオルを顔にあてる
④馬油をすすぐ (べたつきが気になるときはもう1度洗顔しもっとうす~く馬油をぬる)
3分ほど経つとべたつきも気にならなくなると思いますが、浸透率がいいといっても油なので脂性肌の人には合わない場合もあります。
馬油は顔に合わなくても血行促進効果があるので肩こりややけどなどにも効果があるといわれています。
しみのためじゃなくても1つ持ってたらいろんなものに使えるからいいかもですね~!^^
馬油は純度の高いものをおすすめします。

しみそばかすを予防するには?

しみ予防にはやっぱり紫外線にあたらないことが1番の予防になります。紫外線を浴びてすぐにはしみになりませんが洗濯物を干すときやゴミ捨てにいくときのちょっとの紫外線でも極力当たらないようにするのが懸命です。
また天気が曇っていても紫外線はあるんですって!だいたい晴れの日の50~80%の紫外線量といわれています。油断大敵ですね。
そして紫外線は上から降り注ぐだけじゃなくアスファルトの照り返しにでも含まれているので帽子や日傘だけではなく日焼け止めも駆使してください。
次に肌を乾燥させないことです。しっかり保湿することと肌のターンオーバーを正常に保つために規則正しい食生活を意識して、睡眠不足にならないようにするのも大切です。
大きなストレスやタバコも原因になるので気をつけたいものです。体にいいことはやっぱり肌にもいいんですね。

まとめ

しみって老けてもみえるし今まで浴びてきた紫外線の「つけ」みたいで鏡で見る度に嫌な気分になりますよね。
紫外線対策をきちんとし、キウイやピーマンなどのビタミンCをとるように心がけるようにしたいですね。
しみはとらない限りすぐには薄くなったりなくなったりはしないですが、毎日の積み重ねで効果はでてきます。
これ以上しみそばかすを増やさないためにも根気よくケアしていきましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です